気配値(板)の見方

証券会社に口座を開設し、買う銘柄も決まり、「いざ買うぞ!」と証券会社にログインし購入予定の銘柄の情報を見てみるとお決まりのように出てくる変な数字の羅列。

これは板(気配値)といって、株の売買をする場合必ずお世話になる代物です。
まあ気配値なんぞ見ずに成行で豪快に買っていく事も出来ますが、それを言ったら身も蓋もありません。

証券会社などによって若干レイアウトは違うものの、大体右図のようなものが表示されるでしょう。

気配板 で、この板の見方ですが、中央縦の“気配値”のラインがその銘柄の値段で、右図だと「99円で買い注文が47000株」入っており「100円で売り注文が146000株」入っている事になります。

つまり99円と100円の間で売買が交錯している状態で、みんな1円でも高く売りたいし1円でも安く買いたいからこうやって睨み合っていて、 この状態で今すぐに売買したい場合は100円でしか買えないし、99円でしか売れない事になります。

もしここで「99円で50000株の売り注文」が入ったらどうなるか?
気配板 そうした場合右図の様に板は変化します。

99円の47000株の買い注文は全て消化され、代わりに99円に3000株の売り注文が残る事になり、ここで今すぐ売買する場合99円で買い、98円で売る事になる…という寸法です。

こうやって株価というのは刻一刻と変わっていき、少しでも高く売ろうと「もうちょっと上がるかな?」なんて期待して待っていたらドンドン値が下がって結局投売り状態になってしまう…なんていうのは日常茶飯事だったりします。

今現在の株価周辺の売り気配や買い気配に多くの注文が入っていて、あまり株価が動きそうにないように見える場面でも大きな成行注文が入るとアッいう間に値が上がった(下がった)りするのです。

例えば上の図で見ると、99円を境にその上下の気配を見ると売り注文の方が多く出ており、いわゆる若干「売り板が厚い」状態で、気配のみを見ると101円の多くの売り注文で「上がっても100円までかな〜」という印象を受けます。

ですが実際はこの程度の注文はアッいう間に捌けてしまう場合も多く、板の厚みは参考程度に見ておくべきでしょう。
まあこの辺は実際に経験しながら感覚をつかんでいくと良いかと。

株の売買には欠かせない気配値(板)ですが、あまり板の厚み(注文数)に惑わされずに売買するように心がけましょう。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス